« プーシキン美術館展とブリティシュパブ | Main | オリジナル"NutRocker" »

Dec 14, 2005

David Gray & Marius De Vries

「デービィ・グレイ」早速調べた。しかし、デービィ・グレイという歌手はどこを探しても見つからない。デービィはきっとDaveまたはDavidの愛称ではないかと思いつき、もう一度調べたら見つかった。

店で聴いたのは、最新アルバム「Life In Slow Motion」。どこか淋しく、クールな音。前回、ヴァン・モリスンやジャクソン・ブラウンの若い頃と書いたが、ドリームアカデミーも頭に浮かんだ。最近のアーティストではColdplayFive for fightingに通じる音かもしれない。Davidのプロフィールと、ニューアルバムについては、以下の通り。

DavidGray David Gray 1968613(1970年という説もある)、イギリス、マンチェスター生まれ。9歳の時、ウェールズに転居。リバプール大学に入学。パンクバンドに参加したが、この頃から詩的な曲を書き始めた。その後ロンドンに移り、プロとして活動開始。イギリスは「Hut Records」、アメリカは「Caroline」という共にVirgin Records傘下のレコードレーベルと契約。1992年まず、シングル「Birds without Wings(翼のない鳥)」を発表。翌93年前半、デビューアルバム「A Century Ends(世紀末)」リリース。ヨーロッパツアー(ショーン・コルビンの前座も行った)の後、942ndアルバム「Flesh()」をHut Recordsよりリリース。しかし、レコード会社のサポートに不満を持ち「EMI Record」に鞍替え。この頃、隣国アイルランドでは、人気テレビ音楽番組「No Disco」で紹介され突然火がつき、人気急上昇。彼のプロモーションビデオは絶え間なく流れ、ライブも放映された。3rd アルバム「Sell,Sell,Sell」はEMI Recordより、96年にリリース。しかし、(契約上の問題か?)イギリス国内では発売が制限され、人気の高いアイルランドを本拠地とデイブ・マシューズ・バンドしてライブ活動を続けた。やレイディオヘッドとツアー。しかし、メジャーレーベルとは契約解消。984thアルバム「White Ladder(白い梯子)」はギターと簡単なサンプラーを使用しロンドンの自室で宅禄。自主レーベル「IHT」よりリリース。インディーズ発売だったが、アイルランドでは発表間もなくチャートのトップ30位で品切れ状態。アイルランドツアー開始。このアルバムから映画「This Year’s Love(日本未公開)」のサウンドトラックに5曲使用され、人気は定着し始めた。デイブ・マシューズの助力により2000年、「ATO」レーベルよりこの「White Ladder」正式発売。全世界で600万枚を売り上げ、アイルランドでは常にベストセラー続けている。この年、イギリスの音楽賞、Ivor Novello Awards では作曲賞、Q Award ではベストシングル賞GQ Awardsではベストソロアーティスト賞を獲得。Brit Awards では、男性歌手賞、グラミー賞では最優秀新人賞にノミネートされた。2002年には「A New Day At Midnightをリリース400万枚を売り上げたが、前作「White Ladder」ほどの評価はなかった。そして3年後、2005912日最新作「Life In Slow Motion」がリリースされた。今回のアルバムには初めて外部プロデューサーが起用された。2004年夏より候補者を捜し始め、当初はあのフィル・スペクター的なスタジオと音のテクニシャンも考えたが、最終的には、Marius De Vriesに依頼した。

3c663495ad Mariusは、1961年ロンドン生れ。80年代、イギリス・ポップグループ、ブロウモンキーズ2nd3rdアルバムのキーボード奏者としてデビュー。その後セッションキーボーディスト、プログラマーとして幅広く活躍。近年はプロデューサー・コンポーザーとして、ANNIE LENNOX, THE SUGARCUBES, COLDCUT, CATHY DENNIS, THE SOUP DRAGONS, JUNIOR REID, LISA STANSFIELD, Massive Attack 等を手がけ、映画「ムーラン・ルージュ」「ロミオとジュリエット」のサウンドトラック、Andrew Lloyd Webberのミュージカル"Bombay Dreams"では共同プロデューサーなどを行ってきた。特にMadonnaBedtime Stories "Ray of Light"BjörkVespertineU2"Hold me Kiss me Kill me Thrill Me"Robbie Robertson Contact from the Underworld of Red Boy"などは必聴。Ivor Novello Awardsグラミー賞にも数回ノミネートされている。

 日本ではまだまだ知名度は低く、オンエアーも少ないが、最新アルバム「Life In Slow Motion」と2002年の「A New Day At Midnight」はワーナー・ミュージックから国内盤も発売された。歌詞は詩的で日本人には多少難解だがメロディーもサウンドも心地良い。i-podなどポータブルプレーヤーで、ボーッと聴いていたい。今後が更に期待される。

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

|

« プーシキン美術館展とブリティシュパブ | Main | オリジナル"NutRocker" »

Comments

トラバどうもです。
David Grayはグッときますね〜。
「White Ladder」から3作持ってますが、「Life In Slow Motion」はよりシックになったようで。
もう少し聴き込んでみます。

Posted by: superstring | Dec 18, 2005 at 11:54 PM

TBさせていただきました。
David Gray かなり好きです。babylonで大ブレークした当時、イギリスのFMではこの曲がヘビーローテーションで流れていました。2年前に来日もしていますよ。ライブもすごく良かったです。

Posted by: chloe33 | Dec 18, 2005 at 10:54 PM

こんばんは。
日本じゃ知名度低いんですか。う~ん、「Life In Slow Motion」は結構こっちじゃ売れてたし良いアルバムだと思うんだが。一曲目のalibiって曲が個人的には一番好きです。

Posted by: タカツキ | Dec 16, 2005 at 09:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154049/7647657

Listed below are links to weblogs that reference David Gray & Marius De Vries:

» One I love [un dessin pour la vie ]
とうとう12月になってしまいました。この時期になると、今年出たアルバムmyベスト10とかを勝手に決めるのが恒例。でもあんまり買わなかったんだよね・・・今年。基本的に音楽は車の中で聴くことがここ2〜3年必然的に多くなったし、大型店が近くにないのでジャケ買いも少なくなりました。それだけ新しいものには手をださなくなったという意味でもあるが・・・In between dreams / Jack Joh... [Read More]

Tracked on Dec 18, 2005 at 10:41 PM

» David Gray/Life In Slow Motion [■■魔法のランプ■■]
今日はフラメンコのレッスンが突然休みになった。 先生が急病らしい。 職場からまっすぐ家に帰ってきてから、友達を待つ数時間を 豊かなものにしようと選んだのがDavid Gray これも叙情派美メロ系でしょうか。 寒い季節は自然とこんな感じのを選んでしまうのかな。 このアルバム、しんみりした曲ばかりじゃないけどね。 夜に何もせずぼーっと聴き入るのも良いし、おやすみソングにも いけるかも。 私はなんと言うか、普通に当たり前... [Read More]

Tracked on Dec 26, 2005 at 01:31 PM

« プーシキン美術館展とブリティシュパブ | Main | オリジナル"NutRocker" »