« 13 November 2005 - 19 November 2005 | Main | 4 December 2005 - 10 December 2005 »

Nov 26, 2005

終りに見た街

030710a  今朝程TVを付けたら、脚本家 山田太一、中井貴一、柳沢慎吾が鼎談していた。この三人は、あのTBSの名作ドラマ「ふぞろいの林檎たち」シリーズの人々だ。でも、チャンネルは10、テレビ朝日。おや?時任三郎もいないし...。

owarinimitamachi81 よく見ると、「終りに見た街」とテロップがでている。 そうか、1982年8月16日(月)20時~21時50分(終戦記念日の翌日)にテレビ朝日で放映されたドラマを、漸く再放送してくれるのか、と思ったら、中井貴一、柳沢慎吾出演でのリメイクドラマ。終戦60年特別企画で来週12月3日(土)21時~23時21分に放映されるらしい。そのPR番組だった。実はこの作品もともとは、1981年9月20日発行の別冊中央公論2「親が子に残す戦争の記録」(再び戦争を起こさないための遺書)に掲載された小説だ。

 最初に発表された1981年。今から24年前、日本は高度成長期まっただ中。現長野県知事、田中康夫が「なんとなくクリスタル」で学生作家デビュー、「雨あがる」「半落ち」で近年映画賞総嘗めの俳優、寺尾聡が突然AORアルバム「Reflections」を発表しミリオンセラー、シングルカットの「ルビーの指環」でレコード大賞。洋楽ではハスキーボイスなキム・カーンズの「ベティデイビスの瞳」やライオネル・リッチー&ダイアナ・ロス「エンドレス・ラブ」などがヒットしていた。

 内容は、ある日、清水要治(47才)が郊外の自宅で目覚めると昨日まであったはずの街が消え、家の周りは雑木林。おかしいと思い、周りを散策するとなんと昭和19年にタイムスリップしていた...という設定。

 82年版との決定的な違いは、23年前なので、主人公・清水要治ら大人は昭和一桁生まれ。戦争を実体験した世代だ。しかし、今回の47才の清水要治ら大人は昭和30年代生まれ。「戦争を知らない子供たち」世代。父親や祖父から兵隊、戦争体験を聞いてはいるものの、本当の貧困や飢餓は知らない。戦争を実体験した親が、平和ぼけした子供にどのように戦争の怖さ、辛さを伝え、乗り越えていくのかが大きなテーマだったが、今回はどのように仕上げられているのだろう。

参考までに前回と今回の比較。

スタッフ : 原作・脚本 山田太一 は共通 81年版 演出 田中利一、プロデューサー 千野栄彦 05年版は未だ不明

 キャスト : (役名81版俳優・05版俳優の順) 清水要治 (細川俊之・中井貴一)、妻・清水紀子(中村晃子・木村多江)、友人・宮島敏夫(なべおさみ・柳沢慎吾)ら。(81版・05版)他に、82年版には、映画監督・鈴木清順が隣組組長役、樹木希林が防空防火訓練群長役で出演。05年版には他に、友人・宮島敏夫の息子、宮島新也役に窪塚俊介や、柳葉俊郎、柄本明、津川雅彦、小林桂樹ら豪華なキャストが出演している。また、清水要治の職業が、82年版は放送作家、05年版はシステム・エンジニア、友人・宮島敏夫とは82年版では、電話があり、33年ぶりに翌日渋谷で会う予定だったが、実際には会っていない。05年版は結婚式のマネージャーになった宮島敏夫と再会した二日後事件は起こる。また、決定的な違いが、82年版は昭和19年6月18日、05年版は昭和19年9月17日にタイムスリップ。この3ヶ月は何を意味するか。

 82年版プロデューサー 千野栄彦氏は放映当時、「むずかしいのは昭和19年という時代の再現で、当時の人々の容姿、つまり鋭い目つきややせた体格が必要になり、それらしき人を集めるためのキャスティングに苦労しましたね。...このために皆さんに減量してもらったり、リハーサルを繰り返して目にイラダチが出るまで待ったり。現代人が異常な状況に再びおかれたときにどう順応していくかを、家族という単位の中で描こうとした。」と、述べていた。

果たしてリメイク版、どこまで迫ってくるのか。必見だ。

 ところで、ドラマライターとしては山田太一と双璧の倉本聡も、同じくテレビ朝日で今年9月24日に「祇園囃子」なるドラマを発表。主演 渡哲也をはじめとする石原軍団総出演。しかし、これが本当に倉本作品????!!!!。と、見ている間頭の中は???が行進していた。CXの「優しい時間」が良かっただけに、残念だ。

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Nov 21, 2005

DATを超える?!

 今やipodが携帯音楽プレーヤーを席巻してしまった。かつてはSonyのWalkmanがその代名詞だったが、時代は変わった。podcastingなんていう新しいNet放送まで浸透しつつある。2世代目10G、Mac専用のipodを使用しているが、新機種が出るたびに買い換えたくなる。特に最近出た60G、ビデオ再生対応機はとても気になる。しかし、これらの機種、本体のみでは本格的な録音が出来ない。サードパーティーから発売されている機器を接続すれば、市販のICレコーダ程度は可能らしいが、クオリティは期待できない。なので、音を録ろうとすれば、今でもDATを使うしかない。現存する機種はごく僅かで、十数年前に購入した機器を未だに使用している。テープも高額で貴重品だ。次世代モバイルレコーダーの登場を待望していた。

PCM-D1-lg  先日新聞に、SonyがリニアPCMレコーダー(PCM-D1)を近日中に発売との記事がでていた。4GBのフラッシュメモリーと2GBのメモリースティックに96kHz 24Bitの録音可能。内蔵FMで最長13時間10分。DATやCDと同じ、44.1kHz 16Bitで約6時間。ベストクオリティの96kHz 24Bitでも約2時間録音が可能らしい。但し、第一世代機のため販売価格は20万円弱。PCに転送してソフトである程度編集可能らしいが、PCから取り込んだファイルは再生できない、2GBを超えると自動的にデータが分割される、デジタル入力が出来ないなど、問題はいくつかある。特に価格と、他の音ファイルを認識しない点は最大の課題だろう。同様のレコーダーで、M-AudioのMicroTrack 2496(OP・市場価格3.8万円)やRolandのR-1(3.9万)などは多少チープな外観で、多少クォリティはダウンするが、1/5の価格。せめて、7~8万程度まで下げなければ、最近の他製品同様、良品でありながら売れない、Sonyの独り善がりで終わってしまうだろう。

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Enya / Amarantine

 今朝のTVをつけたら、ワイドショーで昨日東京女子マラソンで復活を果たした高橋尚子の特集をやっていた。でも何故かアメリカ・コロラドの高地練習のシーンのバックの曲はEnyaのThe Celts。まだVangelisなら解るけれど。

amarantine  Enyaの新譜「Amarantine」が今週、漸く日本先行で発売されるらしい。小雪が出演している松下電器のテレビやDVDレコーダーのCMで以前から数曲流れているので、日本のファンには既に耳なじみになっている。しかし、世界的にアルバムの発売期日は、再三延期が繰り返され混乱しているようだ。ネットで新譜「Amarantine」を検索すると、タイトル曲以外国内発売元ワーナーミュージックの内容とは全く違う内容が発表されている。実際、ネットで出回っているプロモーション盤と称されるCDを聴いてみると、確かにEnyaっぽくはあるが、Enyaではない。熱狂的なファンがEnyaの名を語り流してしまったものなのか、あるいは制作途中のプリプロか。タイトル曲「Amarantine」のみ同名だが、全く別曲だ。このCDが発売延期の原因なのか。Enyaは今月末プロモーション来日をしてTV番組にも出演するらしいが、誰かその真相を訊いてほしいものだ。

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« 13 November 2005 - 19 November 2005 | Main | 4 December 2005 - 10 December 2005 »