« オリジナル"NutRocker" | Main | Easter Egg #1グラミー功労賞 Bowie,Clapton & Zeppelin DVD »

Jan 06, 2006

Mike Oldfield 元ネタ#1 Tubular Bells

 数年前、シェーンという英語学校(ここはクィーンズ・イングリッシュを教える数少ない英語学校。教師も英国圏の人がほとんど。)に通っていた頃のこと。イギリス人教師に、「イギリス音楽が好きだ」と話したら、「BBCTVで"Later with Jools Holland"という、生演奏番組をやっている。これが最高でね。毎回すごいアーティストが数組出てきて司会のJools Hollandというピアニスト兼バンドリーダーとセッションをしたりするんだ。ロンドンに帰るたび見ている。東京で見られないのが残念だな。君もロンドンに行くときには、要チェック。」と、言われたことがある。その番組が、漸く国内でもスカパーや、デジタルCATVで見られるようになった。邦題は「ジュールズ倶楽部」。邦題には?だが、内容は充実している。(但し、アップトゥーデートでないことが残念だが...。11月にはDavid Grayも出演したようだ。)

MO1  昨年9月、Tubular Bells 3、発表直後(1998.10.20放送分)のMike Oldfieldがツアーバンドと共に出演していた頃の番組が放映されていた。まずオープニング時に、Tubular Bells1から"Part1 Final"(こんなタイトルがあったなんて、"TB2003"で初めて知った。)のダイジェストを当日出演者(Alvin Youngblood Hart,Natalie Merchant,Afghan Whigs,Fun Lovin' Criminals...)全 MO2員で演奏。Mikeはニコニコしながらチューブラーベルを叩いていた。Tubular Bells 3からは、5曲目"Serpent Dream"(邦題は何故か"シークレット・ドリーム")でスパニッシュ風アコースティックギター演奏を披露。

そして番組中間部、司会者Jools Hollandとのインタビューコーナーが今回 MO3の核心。内容は以下の通り。(※番組の字幕通りではない。)

Jools Holland(以下JH) : 今日のトークゲストはTubular Bells発表25周年のマイク・オールドフィールドです。ようこそ番組へ。.......(編集カットされている。そしていきなり)...ところでまずTubular Bells3の話ですが、(先程演奏し た)"Surpent Dream"(大蛇の夢)という曲ができるきっかけは?
Mike Oldfield(以下MO) : うーん。僕は蛇年生まれ(1953年5月15日)のせいか、7年ごとに脱皮し、なにか別のものに生まれ変わるんだ。それで、蛇が好きで、蛇の曲を作ってみたかった。イビサに住んでいた時、フラメンコギターを弾く仕事があった。(フラメンコなので)手拍子も叩いていた。タカタカタカタカっていう。
JH : あれ難しいよね。
MO : そう。あのころは夕食後に、よくフラメンコギターを延々弾いていた。チューニングをしていた時、ふと蛇の夢を思いついた。薄気味悪く始まり、最後にはギターをぐいっと食べ尽くす。蛇が音楽を丸飲みし、消化するんだ。喉から体の中にどんどん飲み込んでいく。
JH : イビサはどうだった?
MO : あ~~~っ。ものすごくスタミナが必要だね。僕の肝臓は「どうかお願いだから!!」って脱出したがっていたよ。
JH : 以前のことになるけど、お姉さんとディオを組んでいたね
MO5MO : ええ。
JH : 60年代のことだけれど、その後、Kevin Ayersと一緒になる。
MO : その通り。
JH : その当時のことを聞かせてくれないかな。
MO : 16歳の頃仕事を探していた。もともと僕はギタリストだったけれど、ベースの仕事を募集していたので、ベース奏者に転向した
JH : ところで、その後Richard Bransonが君の大成功した1stアルバムを手懸けた。
MO : そう。その通り。マナーハウス・スタジオ建設中の頃で、ヴァージン・レコードの創成期だった。あの毛深い男もまだ10代で、Kevinが持ってきたワインをがぶ飲みしていた。マナーハウスでデモテープを渡したら、気に入ってもらえたが、レコーディングはそれから1年後だった。ヒットするまでには更に1年かかり、Tubular Bells成功までには永い時間がかかったよ。
JH : あそこにチューブラーベルがあるけれど、あの楽器を最初に使うことになったのは?
MO6MO : それは、アビーロードスタジオだ。ビートルズが当時レコーディングしていた同じスタジオに、仕事がオフの日もKevinと一緒によく行った。レコーティング前の早い時間に着くと広いスタジオは楽器で埋め尽くされ、そこにチューブラーベルがあったんだ。どれどれ、と、楽器をいじり回した。ポーンとベルも鳴らした。それがきっかけだ。
JH : Tubular Bells発表25年目にパート3を発表。パート4や5、6の発表も今から楽しみです。
MO : (突然ピアノでTubular Bellsの最初のフレーズ(introduction)を弾く。ミラミシミソラミドミレミシドミシミ...)どう、これ弾ける?どう?どう?
JH : 君の曲じゃないか。誰だって知っているよ。どうして?
MO65MO : これはバッハのトッカータ(ミレミドミシミラミソミラミ...)(※トッカータとフーガニ短調BWV565)。ひっくり返してひいただけだよ。(ミラミシミソラミドミレミシドミシミ...)ほらね!
JH : エェッ、ホント?!全然気づかなかった!
MO : (得意げに右手を上げて、満面笑顔)
JH : すごいスクープだ。このプログラムは情報番組でもあるんだ。...有名なフレーズの元ネタも分かったし。もう一度みなさん、マイク・オールドフィールドでした。拍手を!音楽情報が満載の番組ですね!

MO8MO7この後、何組か演奏し、MikeはTubular Bells 3からエンディング曲"Far above the clouds"を演奏し、盛り上がって番組終了。

 あの名作Tubular Bellsのイントロは、J.S.Bachの誰でMO9MO85も知っている最も有名なオルガン曲「トッカータとフーガ」の中間部をモチーフにしていた。久しぶりにバッハのオルガン曲を聴いてみようと思った。

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

|

« オリジナル"NutRocker" | Main | Easter Egg #1グラミー功労賞 Bowie,Clapton & Zeppelin DVD »

Comments

There are many individuals around which can really reap the benefits of studying this. I must say I pray you attain the popularity you are entitled to for thjs epic website.

Posted by: best e liquid | May 20, 2014 at 07:16 AM

トラックバックどうもありがとうございます。
遅くなってしまってごめんなさい!!

ジュールズ倶楽部、好きでよく観ています。
(・・・が、知らない人も多くて・・・)
ピート・タウンジェント、かっこよかったなー!!

よろしかったらまた遊びに来てくださいな。
私もトラックバックさせていただきました☆

Posted by: Lacey | Jan 26, 2006 at 12:10 PM

 ジュールズ倶楽部の音源は、3枚ほどCD化されています。国内盤のタイトルはJools Holland & His Rythm & Blues Orchestra『ジュールズと素晴らしき仲間たち』というシリーズです。
 この三枚、とにかくゲストが超豪華です。シリーズ一作目はジョージ・ハリスンの生前最後の演奏が聴けたりとかなり貴重な音源も収録されています。そのうち、今回のマイク・オールドフィールドのライブ音源も同シリーズで聴けるかも知れません。

Posted by: yoshisuz | Jan 16, 2006 at 11:27 PM

トラバさんくすです。コチラもトラバしたつもりなんですが何故か上手く反映されませんでした(哀)。これからもよろしくお願いします。

Posted by: フレ | Jan 16, 2006 at 09:06 PM

さきほど、新しい記事を書いた後で、トラックバックされていることに気づきました。私はふだん、衛星放送どころか地上波のテレビもほとんど見ないのですが、おかげで、マイクについての興味深い記事を拝見することが出来ました。

Posted by: suwate | Jan 09, 2006 at 11:53 PM

TBありがとうございました。あの番組ぼくも見ましたが、バッハの話は本当なのかなあ?

Posted by: 田丸屋 | Jan 09, 2006 at 08:16 PM

元ネタの話おもしろいですね。

Posted by: gomez_the_cat | Jan 09, 2006 at 03:29 PM

TBありがとうございます。
Tubular Bells3はまだ聴いていません。が
是非聴いてみたいです。スカパー、CATVも
契約していないのでそうゆう番組があることしりませんでした。でも、今、動画配信があるから
さがせばあるかもしれませんね。
私もビックリ、Tubular Bells「バッハのトッカータひっくり返してひいただけだよ」。
TBさせてください。

Posted by: コジ | Jan 09, 2006 at 11:09 AM

TBありがとうございます!
大変興味深いことばかりで、いろいろ面白くよまさせていただきました!!

Posted by: bowwow | Jan 09, 2006 at 08:48 AM

極めて興味深い内容です。あの有名なフレーズがバッハのトッカータをひっくり返してひいたものとは....。スクィーズのジュールズ、こんな人とは知りませんでした。面白い。

Posted by: zep | Jan 09, 2006 at 05:42 AM

TBありがとうございます。以前、どなたかのサイトからリンクして伺った事がありました。イビザの地図まで飛び出す仕掛けなどとても凝ったサイトですね。当方のBLOGにも又よかったらいらしてください。わたしもTBさせてください。

Posted by: evergreen | Jan 09, 2006 at 12:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154049/8033847

Listed below are links to weblogs that reference Mike Oldfield 元ネタ#1 Tubular Bells:

» ギターへの回帰、MIKE OLDFIELD ”GUITARS” [Chainless Mind]
ギターズ1999年 マイク・オールドフィールドといえば\" チューブラーベルズがソロデヴュー作、そして代表作ですよね。2300回のオーバーダヴィングのエピソードがあまりにも有名すぎるので、・・・でももともと15歳で姉[:女:]とともに活動していたサリアンジーでアコースティックギター弾いてたんですよね。そして、GONGのメンバー達[:きのこブルー:]とギタリストとして共演しているわけです。で、あまりにもチューブラーベルズのマルチプレイヤーのイメージが先行しちゃってて、いまひとつ彼の... [Read More]

Tracked on Jan 09, 2006 at 12:53 AM

» OMMADAWN / MIKE OLDFIELD [「英国ロックの深い森」の入り口]
 『オマドーン』マイク・オールドフィールド (ヴァージン・ジャパン VJD-23003)    1. オマドーン(パート1)    2. オマドーン(パート2)  マイク・オールドフィールドが75年にリリースした3rdアルバム。一般には『チュブラー・ベルズ』からこの『オマドーン』は初期の三部作ととらえられていますが、それはこの作品が3枚の中では最も完成度が高いからだと思います。『チュブラー・ベルズ』で感じられた、不安をかきたてるような雰囲気は感じられず、ゆったりとした作品です。ですから..... [Read More]

Tracked on Jan 09, 2006 at 05:34 AM

» Mike Oldfield :Crisis [美響乱]
79年の「プラチナム」以降、マイクはポ [Read More]

Tracked on Jan 09, 2006 at 08:11 AM

» 久しぶりに♪ [Relaxation]
某局で、 マイクオールドフィールドの新譜を聴かせてもらっています。 やはりこのアーティストの作品はこちらで聴くのがよろしいようです。 マイク氏は、私にその音楽性によっていろんな示唆を与えました。 聴いた側の勝手といえばそのとおりであるが、 ちょうどいい....... [Read More]

Tracked on Jan 09, 2006 at 11:21 AM

» MUSIC AIR JUNKIE [Obscure Desire Of Lacey]
最近、CHANNEL MUSIC AIR にはまってます。 ”大人のための音楽番組”というのがコンセプトらしいけど、ものはいいようで、昔、ロック少年、少女、今は・・・(自滅)!! なんかいろんな時間帯に’80sのビデオクリップが流れるので、くまなくチェックして録画予約の日々。 この間は、’80sじゃないんだけど(’93くらい?)すっかり音が違う Duran Duranの好きだった曲(タイトル忘れ)が流れてきて、きゃーきゃー喜んでしまいました。 最近チェックしたのは、Rus... [Read More]

Tracked on Jan 09, 2006 at 01:01 PM

» Mike Oldfield/Hergest Ridge The Original Mix [二筋縄。 ]
 Mike Oldfield マイク・オールドフィールドの『Hergest Ri [Read More]

Tracked on Jan 09, 2006 at 10:38 PM

» ページ新記事メモ:マイク・オールドフィールド [suwate_b]
1月 3日の記事の続き。『チューブラーベルズII』は、または「よくわかるチュー [Read More]

Tracked on Jan 09, 2006 at 11:56 PM

» MIKE OLDFIELD のサイン [プログ・ブログ]
ものすご~く曖昧な記憶です。『チューブラー・ベルズ�』がリリースされた直後なので、多分1992年頃か。当時まだ結構珍しかった大型輸入盤店が新宿南口のどっかのデパートにオープンし(ヴァージンか、HMVか・・・黄色でなく赤い店だったような気がする)その開店記念..... [Read More]

Tracked on Jan 14, 2006 at 10:29 PM

» MUSIC AIR JUNKIE [Obscure Desire Of Lacey]
最近、CHANNEL MUSIC AIR にはまってます。 ”大人のための音楽番組”というのがコンセプトらしいけど、ものはいいようで、昔、ロック少年、少女、今は・・・(自滅)!! なんかいろんな時間帯に’80sのビデオクリップが流れるので、くまなくチェックして録画予約の日々。 この間は、’80sじゃないんだけど(’93くらい?)すっかり音が違う Duran Duranの好きだった曲(タイトル忘れ)が流れてきて、きゃーきゃー喜んでしまいました。 最近チェックしたのは、Rus... [Read More]

Tracked on Jan 26, 2006 at 12:06 PM

» 本当は怖くないマイク童話、チューブラー・ベルズ(第8回) [プログ特区 - Into The Source]
ソロ・アーティストの登場です。 しかも「個人」という意味ではまさしく大部分を一人で楽曲を作り上げてしまう人。 Mike Oldfieldの音楽は、彼のパーソナリティを多分に盛り込んだ映像的なものです。 遍歴を見るとNew Ageにも数えられる音楽を創っていますが、プログレに分け..... [Read More]

Tracked on Feb 07, 2006 at 01:23 AM

« オリジナル"NutRocker" | Main | Easter Egg #1グラミー功労賞 Bowie,Clapton & Zeppelin DVD »