« Yes Lead Singer #1 Jon Anderson 来日 | Main

Jan 29, 2006

Yes Lead Singer #2 Trevor Horn 25th anniversary TV 放映

 YesLead Singerといえば、忘れてならない人物がもう一人いる。今や世界的大プロデューサーとなった、Trevor Horn(本名 Trevor Charles Horn 1949715Durham City 56)だ。

tormatobkTormato   まず、Trevor HornYesに関わる経緯から。
  Yes 11
枚目のアルバム「TORMATO(イングランド南部ダートマー国立公園にある約2000フィートの岩山"YES TOR"と野菜のTOMATOを掛け合わせたタイトル。スティックを持った紳士、メンバーの背後にある岩山が"YES TOR"。その上に叩き付けられたトマトのジャケット。前作「Going for the one(究極)同様、Hipgnosisがデザインを担当)789月に発表された。全英8位、全米10位。アメリカではプラチナディスクを獲得し、83年「90125(ロンリーハート)」が発売されるまでのYesにとっては、過去最高の売り上げで(全米で100万枚以上)、バンドは順風満帆かと思えた。しかし、当時のミュージックシーンはBeeGeesの「Saturday Night Fever」に代表されるディスコミュージックとパンク、ニューウェイブ、テクノが全盛。全米ツアーは大盛況だったにもかかわらず、ヨーロッパ公演はほとんど行われなかった。「TORMATO」にはプロデューサーがおらず、当時無名のエンジニアを起用したので、メンバーは作品の完成度に満足していなかった。そこで、この失敗を避けるためQueenで大成功したプロデューサーRoy Thomas Bakerを迎えてパリに移り、7912枚目のレコーディングセッションを開始。Jon AndersonRick Wakemanと共同で作品を書き溜め、Chris SquireAlan Whiteはパンクロックに傾倒。スタジオの食事も不味く、数曲ベーシックトラックを取り終えたが、メンバーの関係は悪化。そんな折、クリスマス直前の12月、ドラムのAlan Whiteがローラースケートで転倒し、足首を骨折。(Yesのメンバーはアルバム制作中、よく足の怪我に見舞われる。「The Yes Album(3rd)」のジャケット中央で一人椅子に座り、足首に包帯を巻いているキーボードのTony Kaye。彼も701123日、移動中のワゴン車の交通事故で足を大怪我。)それが口実となり、レコーディングは延期が決定される。80年ロンドンに戻ってTown House Studioでレコーディングは再開されるが、Jonの作品はほとんど没。(Jon2ndAlbumSong of Seven(七つの詩)(80)」の"Everybody Loves You""Some are born"Rick Wakemanの「Rock'n Roll Prophet(79年レコーデング」)らは79年パリセッションの没曲をアレンジして使用したもの。その他、2004年に再発されたRhino盤「DramaBonus Track"Dancing Through Light""Golden Age""In the Tower""Friend of Friend"2002年発売の5枚組Box Set「In A Word収録の"Tango""Never done before"等は当時の没曲)JonRickに「パンクロックなんてやりたくない。」と打ち明け、二人はレコーディングに参加しなくなった。


buggles12brian_lane2  困ったChrisは、Brian Lane (YesVangelisBugglesのマネージャー、後のAsia,GTRの仕掛人)に相談したところ、(当時「Video killed a Radio Star (ラジオスターの悲劇)」で全英No.1を獲得していた)Buggles2(Trevor HornGeoffrey Downes -※近日来日予定!!)Yesの大ファンだったので、手伝ってもらうことになった。彼らは大変乗り気でレコーディングに参加したが、JonRickがいつまで経ってもスタジオに現れないdrama042drama082ことを不思議に思っていた。ゲスト参加したBugglesは、もともと自らの2ndアルバムのために用意していた楽曲を提供し (Into the Lens=I am a Camera)、正式にYesのメンバーに迎えられた。プロデューサーのRoy Thomas Bakerは途中で降板。結局Yes名義のプロデュースとなる。エンジニアは前半Eddie Offord (※EL&PTarkus」の7曲目"Are you ready Eddy?"は当時EL&Pのエンジニアだった彼を皮肉った曲。)、途中からHugh Padghumに交代。12th Album"Drama"は818日に発売。全米18位、全英2位。829日、カナダのトロントから始まった北米ツアーは、毎回1万人以上の会場がソールドアウトで(当時アルバム未収録の"Have We Really Got To Go Through This","We can fly from here"(Buggles12inchSgB)も演奏)大好評。しかし、11月から始まったヨーロッパツアーは会場の規模は23千人クラス。Trevorの声はJon Andersonにそっくりだったのだが、その容姿(牛乳瓶の底のような眼鏡)と、柔らかな物腰が観客やメディアに大不評。どの会場も野次とブーイングの嵐。ステージ恐怖症になってしまい、以降二度と舞台に上らなくなってしまった。Yesはこのツアーが原因でまたも解散。Bugglesの二人はスタジオに戻り、2ndアルバムの制作に戻るが、GeoffBrian Laneに誘われAsiaを結成し、途中で脱退。Trevorはこれ以降一人でスタジオに籠もり、アルバムを完成。塞翁が馬。大プロデューサーへの道を着々と歩み始める。

3852267 Wembley   プロデューサー活動25周年を迎え、トラウマから抜け出し、ミュージシャンTrevor Hornがとうとうステージに戻ってきた。20041111日、ロンドン近郊のWembley Arena(当日7000人弱収容)で行われた恒例のPrince's Trust。今回は題して"Produced by Trevor Horn "。チャールズ皇太子、カメラ夫人、ブレア首相夫妻もしっかりご来場。Trevorの柔らかい物腰で司会進行。1曲目はBuggles "Video killed a Radio Star"からスタート。あの悪夢から24年。3851808 3851812 Trevor  Bassを弾きながら人前で歌った。バックには勿論Geoffly Downes。そして、当時謎の人物だったBlues Woolyも登場。コーダ部、レコーディング時はProphet5Solinaあたりで出していたと思われるが、今回は生ストリングス。やはり生にはかなわない。続いて、"Living in the plastic age"Bugglesはこの2曲で終了。そして、次々門下 のアーティストが登場の後、第1部最後は、Yes!!!。メンバーはChris SquireSteve HoweAlan WhiteGeofflly DownesTrevor Rabin90125より"Cinema" "Owner of a Lonely Heart" やはりDramaからは選曲なし。 VocalはTrevor Rabin。流石にTrvor HornYesを歌うことには抵抗があったようだ。第1部終了後、30分の休憩。第2部には、あのロシアのtATuも口パクで登場。トリはFrankie Goes To Hollywood。但し、VocalHolly Johnsonではなく、この日のためにオーディションで選抜された、3851986 3851999 Ryan Molloyという28歳のアメリカ人。評判は意外に良かったようだ。
この日の登場者は以下の通り。
1 1)Buggles 2)Dollar 3)Grace Jones 4)Belle & Sebastian 5)ABC 6)Art Of Noise 7)PROPAGANDA 8)YES
2 1)Pet Shop Boys 2)Lisa Stansfield 3)tATu 4)SEAL 5) Frankie Goes To Hollywood

バックバンドはTrevor Horn (bass)Geoffly Downes (key)Steve Howe(guitar,2-5)AnneDudley (key)Alan White (drums,1-62-4)、Paul Robinson(drums)Lol Creme (ac guitar)Phil Palmer (ac guitar, bk vocal)Steve Lipson (el. guitar)Bruce Woolley (bk vocal)Tessa Niles  (bk vocal)Luis 3851987 3851991 Jardim (perc)...。とオーケストラ。

この日の様子は、DVDで発売予定だったが、契約問題でこじれているのか延期が続いている。今のところ3月21日発売予定(但しアメリカ盤のためRegion1、普通の国内DVD機では再生不可)国内盤未定。記念CDは発売中。但しこの日のLive盤ではない。

しかし!!!以前Mike Oldfieldも放映していたMusic Air NetworkでDVD発売前に、国内でも放映決定224()21:0023:30CATVデジタルか、Sky Perfect TVで試聴可能。洋楽ファン必見!!!!

38520023851984   このイベントで気をよくしたメンバーは、この日演奏しなかったDramaの曲で、"The More Drama Tour"を計画し、82日シアトルから公演開始予定だった。しかし前日81日にドタキャンを発表。メンバーはSteve Howe,Chris Squire,Alan White,Geoffly DownesChrisYes加入前に在籍していたバンド、Synを伴う予定だった。今後の予定は未定とのことだが、再現するなら、是非来日してもらいたい。Yesのファンには、111104flyer RelayerDrama90125以降を無視する輩が多いが、僕にとってはどれも愛聴盤だ。強いて上げれば、Union以降?かもしれない。
 ところで"The More Drama Tour"Vocalは誰だったのか?

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

|

« Yes Lead Singer #1 Jon Anderson 来日 | Main

Comments

YouTubeでたまたまライブ映像を見て、猛烈にオリジナルの音源と映像が欲しくなり、探しまくってました。
アメリカの中古ビデオディーラーにもメールしましたよ。
でもDVD版はリリースされていなかったんですね。
あああ、全部見たい。見たい。見たい。

Posted by: | Sep 05, 2006 at 09:25 AM

初めまして、トラックバックどうもです。
トレヴァーラビンはまだ現役だったんですね!よかったよかった。

貴重な情報ありがとうございます。

Posted by: ヘビーユーザー | Feb 01, 2006 at 12:16 AM

トラバサンクス。
「聴くまで死ぬな~」の9215でっす。
正直、YESは聴いたことないんですよね。プログレという印象が強く、そして、プログレがちょっと苦手な僕。でも、結構ポップだったりするみたいなので、手を出してみようかなぁ……なんて思ったりする今日この頃。
ではでは。

Posted by: 9215 | Jan 31, 2006 at 10:26 PM

トラックバックありがとうございます。
トレヴァーホーンのトリビュートライブの放映情報知らなかったので嬉しいです。エアチェックしなきゃ。
ありがとうございました。

Posted by: tn34tn | Jan 31, 2006 at 07:06 AM

TBして頂いてありがとうございます。
「ドラマ」は「こわれもの」と同じくらい好きですよ。
では、また来ます。

Posted by: タカタカ | Jan 31, 2006 at 01:46 AM

はいめまして。TB有難うございます。
すばらしいブログですねぇ。
YESはやっぱり危機がすきです。
ブログ初心者ですけど、またお気軽にお越しください。

Posted by: ふぁいや~・ば~ど | Jan 31, 2006 at 01:36 AM

トラバありがとうございます。こちらも大変面白い情報がいっぱいあるのでまたお邪魔させて下さい♪

Posted by: フレ | Jan 30, 2006 at 10:15 PM

えんすきです
J・アンダーソンソロへのTBありがとうございます。
私も先日ソロで来日するらしいと聞きまして、メンバーが誰になるか興味がありました。
どうやらとてもシンプルな構成になるようですね。 びっくりしました。
それ以上にビックリしたのがこのT・ホーンの復活コンサートですよ。
ゲストが豪華ですね。 見たくなりました
パーフェクTV入ろうかなと真剣に考えてしまいます。 う~ん悩みます・・・

Posted by: えんすき | Jan 30, 2006 at 08:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154049/8386193

Listed below are links to weblogs that reference Yes Lead Singer #2 Trevor Horn 25th anniversary TV 放映:

» Yes [ロック好きの行き着く先は…]
 デテクティヴって元イエスのトニー・ケイがいたんだ、ってことで久々にイエスを引っ張って聴いてみたが…、やはり自分的には面白みのないバンドなのであった。もちろん好みの問題な [Read More]

Tracked on Jan 30, 2006 at 10:14 PM

» やばい、やばい。 [怪悠魚 -KAI・YU・GYO -]
 ヤバイ。  昨日渋谷で飲んでたときに店でかかってた曲  Buggles 「Video Killed The Radio Star」    が、ものすごい勢いで昨夜から俺の頭の中でのヘヴィーローテを止めてくれない。  昔から耳にしてた曲なのに(一昨年ぐらいにやってドラマ「東京ラブシネマ」でも挿入歌に使われてた記憶あり)実はアーティスト名知らなかったんですよ。昨日改めて知ったわけですが。  超か... [Read More]

Tracked on Jan 30, 2006 at 11:45 PM

» Propaganda "A Secret Wish" (1985) [mu colle]
1980年代半ばに隆盛を極めたTrevor HornのZTTレーベルのアーティストの中でも、nakaQが特に好きなのがこのPropagandaです。 「ロマンティックノイズの旗手」なんてキャッチがついていた気がしますが、確かにロマンチックで、ノイジーで、ダイナミックな音世界が展開されてい..... [Read More]

Tracked on Jan 31, 2006 at 12:06 AM

» King Crimson/クリムゾン・キングの宮殿 [Songs In The Key Of Life]
1969年ロック史に革命を起こしたアルバム Robert Fripp ー G Ian McDonald ー Key Vo Greg Lake ー B LeadVo Michael Giles ー Dr Vo Peter Sinfield ー Words Robert Fripp を中心とした、King Crimsonのファーストアルバムです。 ライナー・ノーツにもまだ プログレの言葉はなく、その後イエス、ピ�... [Read More]

Tracked on Jan 31, 2006 at 01:37 AM

» THE BUGGLES「モダン・レコーディングの冒険」 [ディス・イズ・テクノポップ]
モダン・レコーディングの冒険 トレヴァー・ホーン率いるバグルスの2ndアルバムです。現在入手可能は盤の紹介という当ブログのコンセプトからいきなりはずれちゃいますが、アマゾンによると、現在取り扱いが無いため、廃盤の可能性が高いです。でも、個人的には1stより圧倒的にこの2ndが好きなので紹介してしまいます。 (でも、この2ndは国内でも確か2回ほどリリースされている為、店頭では見かけることもあるかもしれません。2回目の方がボーナストラック付の為おすすめです。) トレヴァー・ホーンとえ... [Read More]

Tracked on Jan 31, 2006 at 07:04 AM

» イエス『The Word Is Live / ライヴ・イヤーズ』 [映像と音は言葉にできないけれど]
話題にあったイエスの未発表ライブ集CD『The Word Is Live』を購入しました。 [Read More]

Tracked on Jan 31, 2006 at 07:16 AM

» YES:"UNON"(1991) [黒矢龍作のCDカタログ-Y]
YES:1991~イエスのアルバム「UNION」について [Read More]

Tracked on Jan 31, 2006 at 10:24 PM

» 第15回【Rabbitt】…「Locomotive Breath」 [ヘビーユーザー・ブログ]
BOOK OFFヘビーユーザーによるお勧めナンバー…… 第15回 Rabbittの「Locomotive Breath」!!!!!! 収録ディスク:Boys will be boys 1976年発表 最近イエスのロンリーハートがテレビCMでよく流れている。だからTrevor Rabinがらみの事を書こう。 イギリスにおけるプ..... [Read More]

Tracked on Feb 01, 2006 at 12:09 AM

» YES [SYSTEMSOFSILENCE+]
 ポム・スフレさんの『危機』のレビューを拝見して、個人的に久しぶりにイエス愛が復活いたしました。やっぱりイエスはイイ! 高校生の頃はなけなしの小遣いをいろいろ迷いながら音楽につぎ込んでました。 そんなわけで、ピンク・フロイドのアルバムを買いながら、イエ...... [Read More]

Tracked on Feb 02, 2006 at 08:19 PM

« Yes Lead Singer #1 Jon Anderson 来日 | Main