Jan 29, 2006

Yes Lead Singer #2 Trevor Horn 25th anniversary TV 放映

 YesLead Singerといえば、忘れてならない人物がもう一人いる。今や世界的大プロデューサーとなった、Trevor Horn(本名 Trevor Charles Horn 1949715Durham City 56)だ。

tormatobkTormato   まず、Trevor HornYesに関わる経緯から。
  Yes 11
枚目のアルバム「TORMATO(イングランド南部ダートマー国立公園にある約2000フィートの岩山"YES TOR"と野菜のTOMATOを掛け合わせたタイトル。スティックを持った紳士、メンバーの背後にある岩山が"YES TOR"。その上に叩き付けられたトマトのジャケット。前作「Going for the one(究極)同様、Hipgnosisがデザインを担当)789月に発表された。全英8位、全米10位。アメリカではプラチナディスクを獲得し、83年「90125(ロンリーハート)」が発売されるまでのYesにとっては、過去最高の売り上げで(全米で100万枚以上)、バンドは順風満帆かと思えた。しかし、当時のミュージックシーンはBeeGeesの「Saturday Night Fever」に代表されるディスコミュージックとパンク、ニューウェイブ、テクノが全盛。全米ツアーは大盛況だったにもかかわらず、ヨーロッパ公演はほとんど行われなかった。「TORMATO」にはプロデューサーがおらず、当時無名のエンジニアを起用したので、メンバーは作品の完成度に満足していなかった。そこで、この失敗を避けるためQueenで大成功したプロデューサーRoy Thomas Bakerを迎えてパリに移り、7912枚目のレコーディングセッションを開始。Jon AndersonRick Wakemanと共同で作品を書き溜め、Chris SquireAlan Whiteはパンクロックに傾倒。スタジオの食事も不味く、数曲ベーシックトラックを取り終えたが、メンバーの関係は悪化。そんな折、クリスマス直前の12月、ドラムのAlan Whiteがローラースケートで転倒し、足首を骨折。(Yesのメンバーはアルバム制作中、よく足の怪我に見舞われる。「The Yes Album(3rd)」のジャケット中央で一人椅子に座り、足首に包帯を巻いているキーボードのTony Kaye。彼も701123日、移動中のワゴン車の交通事故で足を大怪我。)それが口実となり、レコーディングは延期が決定される。80年ロンドンに戻ってTown House Studioでレコーディングは再開されるが、Jonの作品はほとんど没。(Jon2ndAlbumSong of Seven(七つの詩)(80)」の"Everybody Loves You""Some are born"Rick Wakemanの「Rock'n Roll Prophet(79年レコーデング」)らは79年パリセッションの没曲をアレンジして使用したもの。その他、2004年に再発されたRhino盤「DramaBonus Track"Dancing Through Light""Golden Age""In the Tower""Friend of Friend"2002年発売の5枚組Box Set「In A Word収録の"Tango""Never done before"等は当時の没曲)JonRickに「パンクロックなんてやりたくない。」と打ち明け、二人はレコーディングに参加しなくなった。


buggles12brian_lane2  困ったChrisは、Brian Lane (YesVangelisBugglesのマネージャー、後のAsia,GTRの仕掛人)に相談したところ、(当時「Video killed a Radio Star (ラジオスターの悲劇)」で全英No.1を獲得していた)Buggles2(Trevor HornGeoffrey Downes -※近日来日予定!!)Yesの大ファンだったので、手伝ってもらうことになった。彼らは大変乗り気でレコーディングに参加したが、JonRickがいつまで経ってもスタジオに現れないdrama042drama082ことを不思議に思っていた。ゲスト参加したBugglesは、もともと自らの2ndアルバムのために用意していた楽曲を提供し (Into the Lens=I am a Camera)、正式にYesのメンバーに迎えられた。プロデューサーのRoy Thomas Bakerは途中で降板。結局Yes名義のプロデュースとなる。エンジニアは前半Eddie Offord (※EL&PTarkus」の7曲目"Are you ready Eddy?"は当時EL&Pのエンジニアだった彼を皮肉った曲。)、途中からHugh Padghumに交代。12th Album"Drama"は818日に発売。全米18位、全英2位。829日、カナダのトロントから始まった北米ツアーは、毎回1万人以上の会場がソールドアウトで(当時アルバム未収録の"Have We Really Got To Go Through This","We can fly from here"(Buggles12inchSgB)も演奏)大好評。しかし、11月から始まったヨーロッパツアーは会場の規模は23千人クラス。Trevorの声はJon Andersonにそっくりだったのだが、その容姿(牛乳瓶の底のような眼鏡)と、柔らかな物腰が観客やメディアに大不評。どの会場も野次とブーイングの嵐。ステージ恐怖症になってしまい、以降二度と舞台に上らなくなってしまった。Yesはこのツアーが原因でまたも解散。Bugglesの二人はスタジオに戻り、2ndアルバムの制作に戻るが、GeoffBrian Laneに誘われAsiaを結成し、途中で脱退。Trevorはこれ以降一人でスタジオに籠もり、アルバムを完成。塞翁が馬。大プロデューサーへの道を着々と歩み始める。

3852267 Wembley   プロデューサー活動25周年を迎え、トラウマから抜け出し、ミュージシャンTrevor Hornがとうとうステージに戻ってきた。20041111日、ロンドン近郊のWembley Arena(当日7000人弱収容)で行われた恒例のPrince's Trust。今回は題して"Produced by Trevor Horn "。チャールズ皇太子、カメラ夫人、ブレア首相夫妻もしっかりご来場。Trevorの柔らかい物腰で司会進行。1曲目はBuggles "Video killed a Radio Star"からスタート。あの悪夢から24年。3851808 3851812 Trevor  Bassを弾きながら人前で歌った。バックには勿論Geoffly Downes。そして、当時謎の人物だったBlues Woolyも登場。コーダ部、レコーディング時はProphet5Solinaあたりで出していたと思われるが、今回は生ストリングス。やはり生にはかなわない。続いて、"Living in the plastic age"Bugglesはこの2曲で終了。そして、次々門下 のアーティストが登場の後、第1部最後は、Yes!!!。メンバーはChris SquireSteve HoweAlan WhiteGeofflly DownesTrevor Rabin90125より"Cinema" "Owner of a Lonely Heart" やはりDramaからは選曲なし。 VocalはTrevor Rabin。流石にTrvor HornYesを歌うことには抵抗があったようだ。第1部終了後、30分の休憩。第2部には、あのロシアのtATuも口パクで登場。トリはFrankie Goes To Hollywood。但し、VocalHolly Johnsonではなく、この日のためにオーディションで選抜された、3851986 3851999 Ryan Molloyという28歳のアメリカ人。評判は意外に良かったようだ。
この日の登場者は以下の通り。
1 1)Buggles 2)Dollar 3)Grace Jones 4)Belle & Sebastian 5)ABC 6)Art Of Noise 7)PROPAGANDA 8)YES
2 1)Pet Shop Boys 2)Lisa Stansfield 3)tATu 4)SEAL 5) Frankie Goes To Hollywood

バックバンドはTrevor Horn (bass)Geoffly Downes (key)Steve Howe(guitar,2-5)AnneDudley (key)Alan White (drums,1-62-4)、Paul Robinson(drums)Lol Creme (ac guitar)Phil Palmer (ac guitar, bk vocal)Steve Lipson (el. guitar)Bruce Woolley (bk vocal)Tessa Niles  (bk vocal)Luis 3851987 3851991 Jardim (perc)...。とオーケストラ。

この日の様子は、DVDで発売予定だったが、契約問題でこじれているのか延期が続いている。今のところ3月21日発売予定(但しアメリカ盤のためRegion1、普通の国内DVD機では再生不可)国内盤未定。記念CDは発売中。但しこの日のLive盤ではない。

しかし!!!以前Mike Oldfieldも放映していたMusic Air NetworkでDVD発売前に、国内でも放映決定224()21:0023:30CATVデジタルか、Sky Perfect TVで試聴可能。洋楽ファン必見!!!!

38520023851984   このイベントで気をよくしたメンバーは、この日演奏しなかったDramaの曲で、"The More Drama Tour"を計画し、82日シアトルから公演開始予定だった。しかし前日81日にドタキャンを発表。メンバーはSteve Howe,Chris Squire,Alan White,Geoffly DownesChrisYes加入前に在籍していたバンド、Synを伴う予定だった。今後の予定は未定とのことだが、再現するなら、是非来日してもらいたい。Yesのファンには、111104flyer RelayerDrama90125以降を無視する輩が多いが、僕にとってはどれも愛聴盤だ。強いて上げれば、Union以降?かもしれない。
 ところで"The More Drama Tour"Vocalは誰だったのか?

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

| | Comments (8) | TrackBack (9)

Nov 26, 2005

終りに見た街

030710a  今朝程TVを付けたら、脚本家 山田太一、中井貴一、柳沢慎吾が鼎談していた。この三人は、あのTBSの名作ドラマ「ふぞろいの林檎たち」シリーズの人々だ。でも、チャンネルは10、テレビ朝日。おや?時任三郎もいないし...。

owarinimitamachi81 よく見ると、「終りに見た街」とテロップがでている。 そうか、1982年8月16日(月)20時~21時50分(終戦記念日の翌日)にテレビ朝日で放映されたドラマを、漸く再放送してくれるのか、と思ったら、中井貴一、柳沢慎吾出演でのリメイクドラマ。終戦60年特別企画で来週12月3日(土)21時~23時21分に放映されるらしい。そのPR番組だった。実はこの作品もともとは、1981年9月20日発行の別冊中央公論2「親が子に残す戦争の記録」(再び戦争を起こさないための遺書)に掲載された小説だ。

 最初に発表された1981年。今から24年前、日本は高度成長期まっただ中。現長野県知事、田中康夫が「なんとなくクリスタル」で学生作家デビュー、「雨あがる」「半落ち」で近年映画賞総嘗めの俳優、寺尾聡が突然AORアルバム「Reflections」を発表しミリオンセラー、シングルカットの「ルビーの指環」でレコード大賞。洋楽ではハスキーボイスなキム・カーンズの「ベティデイビスの瞳」やライオネル・リッチー&ダイアナ・ロス「エンドレス・ラブ」などがヒットしていた。

 内容は、ある日、清水要治(47才)が郊外の自宅で目覚めると昨日まであったはずの街が消え、家の周りは雑木林。おかしいと思い、周りを散策するとなんと昭和19年にタイムスリップしていた...という設定。

 82年版との決定的な違いは、23年前なので、主人公・清水要治ら大人は昭和一桁生まれ。戦争を実体験した世代だ。しかし、今回の47才の清水要治ら大人は昭和30年代生まれ。「戦争を知らない子供たち」世代。父親や祖父から兵隊、戦争体験を聞いてはいるものの、本当の貧困や飢餓は知らない。戦争を実体験した親が、平和ぼけした子供にどのように戦争の怖さ、辛さを伝え、乗り越えていくのかが大きなテーマだったが、今回はどのように仕上げられているのだろう。

参考までに前回と今回の比較。

スタッフ : 原作・脚本 山田太一 は共通 81年版 演出 田中利一、プロデューサー 千野栄彦 05年版は未だ不明

 キャスト : (役名81版俳優・05版俳優の順) 清水要治 (細川俊之・中井貴一)、妻・清水紀子(中村晃子・木村多江)、友人・宮島敏夫(なべおさみ・柳沢慎吾)ら。(81版・05版)他に、82年版には、映画監督・鈴木清順が隣組組長役、樹木希林が防空防火訓練群長役で出演。05年版には他に、友人・宮島敏夫の息子、宮島新也役に窪塚俊介や、柳葉俊郎、柄本明、津川雅彦、小林桂樹ら豪華なキャストが出演している。また、清水要治の職業が、82年版は放送作家、05年版はシステム・エンジニア、友人・宮島敏夫とは82年版では、電話があり、33年ぶりに翌日渋谷で会う予定だったが、実際には会っていない。05年版は結婚式のマネージャーになった宮島敏夫と再会した二日後事件は起こる。また、決定的な違いが、82年版は昭和19年6月18日、05年版は昭和19年9月17日にタイムスリップ。この3ヶ月は何を意味するか。

 82年版プロデューサー 千野栄彦氏は放映当時、「むずかしいのは昭和19年という時代の再現で、当時の人々の容姿、つまり鋭い目つきややせた体格が必要になり、それらしき人を集めるためのキャスティングに苦労しましたね。...このために皆さんに減量してもらったり、リハーサルを繰り返して目にイラダチが出るまで待ったり。現代人が異常な状況に再びおかれたときにどう順応していくかを、家族という単位の中で描こうとした。」と、述べていた。

果たしてリメイク版、どこまで迫ってくるのか。必見だ。

 ところで、ドラマライターとしては山田太一と双璧の倉本聡も、同じくテレビ朝日で今年9月24日に「祇園囃子」なるドラマを発表。主演 渡哲也をはじめとする石原軍団総出演。しかし、これが本当に倉本作品????!!!!。と、見ている間頭の中は???が行進していた。CXの「優しい時間」が良かっただけに、残念だ。

※下線赤文字をクリックするとリンク先にジャンプします。写真をクリックすると拡大します。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Nov 17, 2005

マグダレンの祈り

Magdalene1  見逃していたDVD「マグダレンの祈り/The Magdalene Sisters」を見た。レンタル店で借りた時には、2002年ヴェネチア国際映画祭で、金獅子賞を獲ったアイルランドものらしいということくらいしか知らなかった。だから、半年も前に借りていたのに見ず、また借りて漸く見た。思っていたとおり暗く重い内容。ビョークの「ダンサー・イン・ザ・ダーク」や、ニコール・キッドマンの「ドッグヴィル」の監督、デンマークのラース・フォン・トリアー初期の作品、エミリー・ワトソンの「奇跡の海」に通じる重さだ。どれも女性を描いた暗く、閉鎖的な作品だ。見ている間は逃げ出したくなるほど圧迫感があるが、最後まで目が離せない。見終わって暫くすると何時までも印象に残り続ける深さをもつ。

 この作品はスコットランド出身であの「トレイン・スポッティング」にも出演している、ピーター・マランの監督としては2作目。マグダレンとはキリストによって改心し最後を看取った元娼婦マグダラのマリア(キリストの妻だったという説もある。)にちなんで名付けられた修道院。何と最近、1996年に閉鎖されるまで、アイルランド内10数ヶ所で約3万人の女性を性堕落更生の名の下に監禁・虐待していたカソリック系収容所。レイプされた被害者、シングルマザー、セクシーで魅力的な女性等々はカソリック的絶対倫理観の社会を性によって乱すという理由で次々拘束され、収監された。現存する元収監舎の実体験に基づく証言の映画化だ。見ているときはフィクションだと思っていたがエンディングに、その後Aは~、Bは~、Cは~とコメントが入り、実話だったのだと気づいた。4名のヒロインはほとんど無名の女優だが、大変秀逸な演技。役者出身の監督の演出が優れていたのか。特典映像ドキュメンタリー「マグダレン修道院の真実」も必見。

| | Comments (1) | TrackBack (0)